東京の探偵社で浮気調査をしていた後輩の怖い体験

東京の探偵社で浮気調査をしていた後輩の怖い体験

僕の職場には前に東京の探偵社で働いていた後輩がいる。

探偵社の仕事というのはだいたい身辺調査とかが多いらしい。

後輩も浮気調査とかをよくやっていたらしいが、中には変わった依頼が持ち込まれることもあったそうだ。

例えば、後輩がやった中では東京都内のある家で夜中に人の気配がするので調べてほしいというものがあったらしい。

深夜誰もいないはずの部屋で誰かが歩いたりする音がするが怖いので家族の代わりに様子を見ていてくれ、という依頼だったそうだ。

後輩もそんな依頼は初めてで怖かったが仕事なのでその部屋の押し入れにカメラを持って待機していたという。

それで深夜物音がしたときに襖を開けて写真を撮ったがそこには誰もいなかったそうだ。

しかしその写真を後で現像すると白いもやのようなものが写っていたという…。

その会社もさすがにそれ以上は対応できなかったというし、後輩もそんな怖い仕事より普通の浮気調査とかの方がよかったと言っている。

それはそれでまた大変な仕事みたいだけど、さすがの探偵も幽霊にはどうしようもなかったという話だ。

娘の事で東京の探偵社に浮気調査をさせたと言われましても…

先日、自分の会社に来訪者があった。

なぜか呼ばれたので行ってみると、自分の部下(女子社員)の父親だと名乗られた。

そして唐突に「おたくの会社は社員をどのように教育しているのか」と詰め寄られてしまった。

訳を聞いてみると、その女子社員と別の男性社員が交際していて、女子社員が妊娠してしまったそうだ。

しかし、相手の男は遊びだったらしくそれが分かると疎遠になったらしい。

東京で浮気調査を依頼

そこで女子社員の父親が浮気調査などをしている探偵社に頼んで調べたところ、相手の男が二股をかけていたことが分かったのでうちの会社に乗り込んできたというのだが…。

確かに自分はその二人の上司ではあるが、プライベートの話を持ち込まれても何とも言えない。

申し訳ありませんが社員のプライベートまで会社が管理できるわけではないので、と謝るしかなかった。

その父親もわざわざ東京で有名な探偵社に頼んだとか言っていたがちょっとお門違いというものだ。

文句を言うならむしろ男性社員の親に言ってくれと思ったがそれは黙っていた。

しかもまずいことにその浮気調査云々という話が上にも伝わってしまっていて男性社員の処遇問題になっている。

東京から地方の支店へ左遷という話も出ていてどうなることやら…